読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

周防の広末叩き

時期

1999〜2001
大まかな二つの流れとして、1999年初期 2001年中期

総論

周防郁雄の、広末を追い落として、自らの欲望を満足させる、或いは”愛人達”に、広末から奪ったエサを分け与える作戦である。

芸能界のドン、周防郁雄は、当時すでに、バイアグラという、誠に好都合な武器を手にしていた。彼が、芸能界支配に貪欲にならぬわけが無い。当然、広末の利権、あるいは、広末の肉体そのものを手に入れるべく、積極的に動き始めた。そして、広末に自らバッシングを仕掛け、自分がバッシングをやめることの見返りに、広末が、何らかの利権、あるいは貞操を譲渡することを狙ったのである。つまり、簡単に言えば、”広末よ、俺に金をくれ!もしくは、やらせろ!或いは、それを拒んで俺にいじめらるか、どれか選べ・・”ということである。これは、周防ドクトリンその3に当てはまる

他には、国民的、国際的〇〇という、バーニング所属のタレントにのみ許されている”称号”を勝手に名乗る広末と、それを容認する世間の風潮にたいしての、周防の不快感というものがあげられる。これは、周防ドクトリンその2に該当している。また、広末の事務所が芸映系ということは、周防ドクトリンその1にも該当している。

要は、当時の広末というものは、周防ドクトリンの、すべてにおいてあてはまっていたのである。

経過

この攻撃は、4年にわたって行われたが、失敗した。
参考>戦国武将周防シリーズ // 芸能人の秘密 レス676 by siro

1998 バイアグラ発売
   周防、バイアグラ買い占める
1999 広末第一次バッシング仕掛ける 不登校騒動勃発
2000 サイゾー、マイニチなどの、反バーニングキャンペーン
2001 広末第二次バッシングを仕掛ける プッツン騒動勃発
2002 K−1、藤原お小遣い騒動 バーニング低迷
2003 広末妊娠、周防、フラームの利権の一部奪取成功するも、
   広末は岡沢にもっていかれる。
2004 広末出産 フラーム離脱の可能性あり。
   多くはバータレである仲間、酒井若菜加藤あいなどの
   ”産休ピットイン女優の代替女優達”が、功績残せずドラマ低迷
   空白を埋めたのは主にスターダスト女優たちであった。
   が、まだまだ安定した実績に足りず、小粒感はぬぐえない。
   大衆は、産休女優達の復帰を強く望む

二つの流れ

大規模な流れとして、1999年に仕掛けられた、[広末不登校騒動]2001年の[広末プッツン騒動]の二つがある。

第一次 [広末不登校バッシング]

http://d.hatena.ne.jp/pokopiko/20041209
上記のとおり、広末を譲渡しなかったため、周防が強制的に広末を強奪しようとたくらみ、バッシングを仕掛けた。もちろん、広末を追い落として、ライバルにあたる、自分の愛人達に、広末から奪ったエサを分け与えることも狙っていた

第二次 [広末プッツン叩き]

http://d.hatena.ne.jp/pokopiko/20041210
1999年の広末不登校騒動の発展として、また、バーニング芸能界完全支配計画の一環として、周防郁雄が2001年に仕掛けたが、なにぶん強引さだけが目立った。結果、広末の事務所フラームの利権の一部は獲得したものの、肉体のほうはといえば、広末本人には結婚で逃げられてしまい、得ることはできなかった。また、作戦自体の拙速も目立ち、広末陣営だけでなく、ライジング(沖縄ファミリー)、アンリミテッド(グレイ)、鈴木亜美など、広範囲の勢力にわたって反発がおこり、またバーニング内部でも、k-1問題等の問題が噴出したこともあり、2002年には、作戦は完全に頓挫していた。以後、バーニングは急速に衰えていくこととなる。