読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロとアマチュアの違い

プロは結果のみ求められる。どんなにがんばっても結果がついていかないのならば一切評価されない。才能というのは、常人が一生努力してやっとたどりつけるか、あるいは一生やってもたどり着けないことをすこしの努力で、あるいは努力せずに、あっという間にできてしまうことをいう。当たり前の話だが。誰でも、他をすべて犠牲にしたり、年季をかけたり、努力しさえすれば、必ずそのくらい偉大なことができてしまうのなら、みんなやってしまうので、価値が無い。みんな、そこまでしてもなお、どうあがいても、イチローのようにヒットを打ったり、宇多田ヒカルのように歌えないからこそ、イチロー宇多田ヒカルのような人材は一人しかいなくて、希少価値があって、高額な金を世間から集めることができる。

だがそれがバカにはわからない、どれくらいがんばったかが、評価の対象になってしまえば、それはアマチュアだ。がんばってCD売りました。ロシア縦断して、合宿して、ボイトレして、何万枚売れなきゃ引退だとかライン決めて、苦労してつくったことをアピールして、あるいは自分そのものが苦労人だったということアピールして、だからあたしに同情してCD買って!これをやってしまったらプロではない。肝心の、作品の内容で勝負していない。視聴者、購買者は、はっきいって作者がどれくらい苦労したことなんかどうでもよい。何でプロなのにそこまで苦労しなきゃならないんだ。限界まで苦労してその程度か?それじゃあ、それ以上のレベルは、もう望めないではないか・・・とにかく作品がおもしろいかつまらないか、それしか興味が無い。もし低水準の作品でも、作者はがんばってこれ作ったんだから、それを買って自分は自己満足を得たのでいいんだ・・・・それでは、プロの作品、商品を買ったとはいえず、身内がでている素人のど自慢大会を観たり、町内会で演芸会を開催したり、自分の子供の学芸会、野球大会や運動会を見るのと同じ、あるいはアロマテラピーやエステで満足を得るといった、自己ヒーリングの一つ、精神療法の一環だろう。だがプロは身内や素人や子供ではないのだ。がんばったからといって過程が賞賛される、教育が必要とされる未熟者ではなく、ましてや同情の対象でもない。完成された人間でなければならないはずだ。”あんなこと”をしてまでしか売れない、客も買ってくれないのならば、それは、鑑賞に堪える作品、プロが作った作品に値しないと言うべきだ。