読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2004/11/28以後の記事(古い記事が上)>>>>

まだ、よくまとめていないのでわかりずらいかもしれません。
日を追って、通しで読んだ方がいいと思います

バータレの傾向 利益面

http://d.hatena.ne.jp/pokopiko/20041128
・・莫大な投資によってタレントが売れ始めると、さらにタレントを売れさせるために、利益の多くの割合を、宣伝業界に再投資する。利益回収に踏み込むタイミングが遅めといえる。



周防ドクトリンとは?

http://d.hatena.ne.jp/pokopiko/20041129

その1

http://d.hatena.ne.jp/pokopiko/20041129#p2
アイドル市場は、所詮パイの奪い合いにしか過ぎない。自分がシェアを伸ばすには、他から奪いとるしかない。奪う対象は強すぎず弱すぎず、規模からいって芸映サンミュージックが適当である。彼は徹頭徹尾、この手法を貫いた。

■パターン

http://d.hatena.ne.jp/pokopiko/20041202
周防の仕掛け報道のパターンが、なんとなく似通っているということは、あの噂の真相もみとめている。

■具体例

http://d.hatena.ne.jp/pokopiko/20041203
・・・バータレ陣営はケバイ系、ヤンキー系。対する非バー陣営は対照的に守ってあげたい系、切ない系である

■その2

http://d.hatena.ne.jp/pokopiko/20041129#p3
マスコミ上では、自分とヤった女以外は”正室”として認めない。それ以外はどんなに世間で人気があろうとも”側室”である。

■解説 正妻と側室の違い

http://d.hatena.ne.jp/pokopiko/20041206
・・・芸能界の階級では、周防の愛人達は、幕府の大奥でいう”正室”、ほかは”側室”。周防の支配する国内マスコミでは、どんなに側室が人気があっても、位は正室の下。逆に、どんなに不人気であっても、正妻のほうが、地位が上というたてまえである。

■その3

http://d.hatena.ne.jp/pokopiko/20041129#p4
非バータレの獲得の最適方法は、欲しい女にバッシングをしかけ、向こうが、それをやめてもらうことを交換条件として、何らかの権益を譲渡するように仕向けることである。

■バータレになることによって何を失うのか?

http://d.hatena.ne.jp/pokopiko/20041130
・・・バータレだっていいことばかりではない。当然、背負わなければならない十字架もある。搾取、肉体接待はさんざん言ったから、もういいだろう。もうひとつ、忘れてはならない重要なことがある。

■ 周防の広末叩き

http://d.hatena.ne.jp/pokopiko/20041211
つまり、簡単に言えば、”広末よ、俺に金をくれ!もしくは・・・・ 

第一弾 広末不登校バッシング

http://d.hatena.ne.jp/pokopiko/20041209
・・・バイアグラを手にした芸能界のドン、周防郁雄が、強制的に広末を強奪せんがため、バッシングを仕掛け、自分がバッシングをやめることの見返り(自分の系列事務所への移籍、利益供与、肉体接待)を望んだ。


■第二弾 広末プッツン叩き

http://d.hatena.ne.jp/pokopiko/20041210
・・・このままでは、正妻たちの面目が丸つぶれとなってしまうではないか・・もちろん、彼女達の”飼い主”である自分の面目も・・これは、秩序破壊ではないのか??彼はこう考えた。





■ そういえば誰も書いてなかった

http://d.hatena.ne.jp/pokopiko/20041213
・・・誰かがとっくに書いていると思ったのだが、まだ誰も書いていなかったことに気が付いた。最近、マスコミや2ちゃんねる工作員の投稿などで多く見受けられる”いわば”小雪シフト”ともいえる論調のことである。

■非バーニングタレント●●さんの一般的な報道のされ方、或いはイメージ

http://d.hatena.ne.jp/pokopiko/20041214
・・・落ち目にならないかといつも焦っていて、常に事務所とゴタゴタを抱える問題児。仕事を取るのに必死でありながら、芸能界に残ることに積極的でなく、いやいや仕事をしているように見える。自分には相応しくないと、いつも企画に文句をつけている。大衆は彼らの姿を見て・・・



以前の記事は<前の日<をクリック