読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世間に蔓延している、プッツン娘という固定観念

akirawtttさんの投稿

「以前になされた、似たようなプッツン系の女優」って誰ですか?

これは pokopikomasin さんの 80914 に対する返信です

私(POKOPIKO)の返信

http://seesaawiki.jp/tvgang/(吉松育美さん問題まとめ) へ戻る
藤谷美和子石原真理子、女優ではないが華原朋美南野陽子など。日本人は、どうも女優という人種は多分こんな感じなんだろうという、ある種の固定観念を持っていて、プッツン系はそのひとつであり、マスコミからこれを出されると、全く疑おうとせずに、すんなりと頭から信じてしまうようだ。

噂の真相では、”彼女達は、きまって、精神的におかしいのではないか?という報道がされた後、家族経営の個人事務所を旗揚げしている”というような内容が書かれてある※

これは、どう考えても、彼女達が独立することをかぎつけた周防が、自分が新事務所に介入しやすくするため、積極的に彼女達のバッシングにかかわっているとしか思えない。俺を設立時にからませればあとあと有利だよ・・・と言わんばかり。結局、創立企業を資本参加でがんじがらめにして意のままに操りたいわけだ。

その証拠としてあげられるのが、おや、いつもの周防の癖か?と思えるほどのワンパターンさである。男にくるいはじめ、仕事の熱意は下がり、共演者、スタッフなど周囲の人たち大困惑。マスコミでは訳知りのコメンテーターたちに、事務所はなにやってんだ!と叱責される。もう小さいところはダメだ。こんな問題児を押さえきれるのは余程の大手じゃないとダメだ!、というわけで、まるで、”そこの、事務所ちっちゃいのに売れちゃた君、もたもたしてないで、さっさと大手いきなさい”と言わんばかりの主張が、酒井や梨本の口からがなりたてられる。その大手というのは、いうまでもなくバーニングと言うことなんだが、一般人はそこまでは知らない。だが、プッツン娘が事務所移籍しらしい・・というニュースを聞きつけたとしても、一般人は”まあ、あれだけのことがあったんだから、当然だろうな”と思うだけで、背後に臭う計略性を露ほども疑わない。うーん。めちゃくちゃ巧妙だ。この辺の事情についてはSIMAIRUKA氏とSIRO氏が実に詳しく書いている、後でリンクします。(とりあえずは、POKOPIKOのアンテナで、オフレコとサマスノトピと白ぺんぎん内の記事を探してみてください)

まあ、とにかくこのパターン、反吐が出るほど、同じことの繰り返しなのである。そして、何もかもが、周防にとって都合がよすぎる展開なのである。

余程のバカでない限りわかると思うが、この、

プッツン娘の所属事務所、マネジメント力に疑惑の声⇒有識者も同じ意見⇒大手事務所へ移籍を薦める声⇒大手に移った、あるいは大手がウラで出資した新事務所を設立したとたん悪いニュースがぱったりとだえ、マスコミでは、いい子になったと、手のひら返したようにヨイショの嵐⇒世間では、大手がプッツンを直したという認識。今回の一件で株を上げた大手事務所に是非うちの娘をよろしくとステージママ殺到、大手ウハウハ⇒プッツン娘の抜けた弱小事務所は閑古鳥、羽振りのい大手事務所に吸収合併

というのは、すべて仕組まれたものであって、ましてや、芸能有識者の共通意見だなんて、とんでもないのである。井上だって酒井だって鬼沢だって梨本だって、周防のスポークスマンにしか過ぎないのである。
http://seesaawiki.jp/tvgang/(吉松育美さん問題まとめ) へ戻る


akirawtttさんの返信ありがとうございます
とても分かりやすかったです。

これは pokopikomasin さんの 81064 に対する返信です

私の再返信

>とても分かりやすかったです。

補足なんだけど、マスコミでの建前では、プッツンが治ったのが、”広末の事務所がバーニングと渋々提携した”ではなく”彼女は岡沢隆宏君とつきあうようになって、彼は広末の精神を安定させることに成功した”とされているのはおわかりかと思う。

プロのヒーリング師とばかりに賛美される彼の姿を見て、金子賢が連れてきた工作員説を唱える者も多い。プッツンが治癒したのは岡沢が出来た奴だからではなく広末がバーニングに利権を手渡すことに同意した(=手打ちを行った)からであるのは明白。だか、マスコミは、まさか本当の理由をおおっぴらにいえるわけが無い。だから、岡沢を都合よく持ち出して、彼が今までのろくでもない男と比べてましな男だからなどと、無理やりこじつけているのである。

”ろくでもなかった”真の理由は、mituuや伊勢谷や専門学校生はバーニングとの接点が皆無だったので、マスコミに対して力が無く、マスコミは、好き放題パパラッチできた、その影響で、世間には余りいいようにとられなかったからである。だってどう考えても岡沢なんて今までで一番マシじゃないだろうよ。

金子はもともと、広末をバーニング陣営に引きいれるエージェントで、”任務終了”と同時に、彼女の身柄を岡沢に引き渡した。(証拠に、金子はバリバリのバータレで、ジャンクスポーツという、報酬らしき仕事も受け取っている。)要は、金子⇒岡沢のリレーは予定通りで、二人とも最初からグルだったのである。

目的は、広末をバーニングを頼らざるをえないくらいのレベルにまで引き摺り下ろすこと。タクシー騒動、夜遊び騒動、妊娠、皆、その計画の一環である

どういうことかというと、広末が汚れれば汚れるほど、彼女は芸能人としての自分を守るためにはバーニングの力を必要とせざるを得なくなってくる。つまりバーニングは基本的に”ヨゴレ消し”が仕事であり、広末を獲りたいならばまず彼女を汚さなければならない。(伝統的に、バーニングにいる奴は、汚れている、あるいは汚されているのばっかりだ)たとえてみれば、自ら汚しておいて、目の玉飛び出るほどのクリーニング代をせびるマッチポンプ行為。しかも、バーニングしか洗い消すことが出来ない特殊な薬品で汚すという念の入れようだ。

広末のような、人脈もロクにない20台前半の少女にとって、オトナたちの謀略から身を守るために頼れる者といったら身の回りのいる自分に年齢の近い若い男しかいない。それが、バーニングの息のかかった連中だったとしたら、相手の足元を見た、娘をソープに沈める行為並みの、型にはめたチンピラな行為といわれても仕方が無いだろう。または、悪者に因縁つけられた女性を助けてやって親切そうな人だといって近づき・・・・といった、あのコンクリート事件の犯人達が使った手口とも似ている。悪者が広末をマスコミでいじめていたバーニング周防社長で、親切に助けた人が××××というわけだ


まあ、これは、あくまで一説なんだが・・・
だけど、こう思っている人も多いというのも、事実なわけで・・・

http://seesaawiki.jp/tvgang/(吉松育美さん問題まとめ) へ戻る

噂の真相、事務所旗揚げ・・・華原、南野は旗揚げでなくバー系への直接移籍。
それと、このウワシン記事を読むには、現状では、あのkeisukeinoue2001のサイトにリンクするしか方法がない。私は、そんな行為は死んでも嫌なので読みたい人は自分で探してください。あまり言いたくないんだが、キーワードをあの言葉にすれば一発でひっかっかります。