読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バーニングシフトその1 ”小雪シフト”

誰かがとっくに書いていると思ったのだが、まだ誰も書いていなかったことに気が付いた。今思えば、余りにも当たり前すぎたのだろう。最近、マスコミや2ちゃんねる工作員の投稿などで多く見受けられる”事務所(フラーム)は小雪をプッシュしはじめてきている、一方の広末は捨てにかかったようだ・・”という、いわば”小雪シフト”ともいえる論調のことである。

実は、私も、記事が実際に出る前に、このようなニュアンスの記事が出るのではないか??と、ある程度、予想はしていた。だが、書くまでには至らなかった(バータレの説明で、ちょこっと触れてはいるが)。”ある説”に、いまいち確証が持てなかったからである。フラームごとバーニングに下った、あるいは、逆にいまだに下っていないのなら、こんな記事など到底出そうも無いはずだからである。しかし、この論調が出てきた今となっては、あのとき、思い切って書いとけばよかったと後悔している。その説とは・・

小雪、個人単位でバーニング(あるいはケイダッシュ)提携説

実は、私も、これについて、知り合いと話し合ったことがあったんである。内容はといえば・・・・私も、他の常連投稿者に負けぬよう、会話形式に挑戦してみることにする


pokopiko/広末の事務所、バーニングに下ったってさ


red/サイゾーだろ?信憑性乏しいんだよな

blue/しかもだよ、そのソースに真っ先に反応したのが、あの芸能界研究所ってのが引っかかる・・たしかmp3-Hollywood.comはその後だ。だが、あそこは慎重だ。断定はしていない。

pokopiko/うーん。いまいち真相がつかめないなァ。相変わらず広末叩いてるのがその証拠。ゲンダイ見ただろ?

red/なんだか、今までと変わらないような感じだったよな。

blue/とにかくさ、あれ見ると、広末バーニングになったなんて、とてもじゃないがいえないよ。


pokopiko/でも、最近の報道みてるとさ、広末はともかく、小雪は怪しくね?


blue/それはいえる!


red/米倉涼子パターンか?事務所単位じゃなくて個人単位・・オスカーと同様。フラーム自体は落ちていない。勿論広末も。だが、小雪はずっぽりと提携してる。ってわけか


pokopiko/なんたって今の彼女には、妹のプッシュのさい、連中の力を借りるメリットが十分にある。坂口のこともあるし・・

blue/確かに・・


red/あーあ、ゲンダイとかがさ、あからさまに小雪ヨイショして、広末落とす記事書くとかさ。そういう、思いっきりわかりやすいことやってくれれば俺達助かるんだけどなあーー

pokopiko/そんなわけあるかよ。



blue/いくらゲンダイがバカとはいえ,
俺達がさんざ責めあぐねてるのにさ、その俺達助けてどうすんだよ。いくらなんでもわかりやすすぎだろ。ゲンダイ読んでるのは素人だけじゃないんだぞ。


pokopiko/”バーニングと提携したのは事務所じゃなく小雪個人、となると、広末バータレ容疑は、一気に晴れる”この二つを、いっぺんに証明しちゃてるようなもんじゃないか。

blue/事務所は広末捨てました、フラームは、これから小雪を押していきます。皆さん、よろしく。ってな感じでか?わかりやすすぎ・・・

pokopiko/こう切に主張したいのは、小雪と提携したところ、つまり・・


red/だろうな・・・しかし、懲りないなあ連中は

blue/でもゲンダイがホントにこんな記事出してきたらバカだよな。

pokopiko/そうだな。



たしか、話の内容はこんな感じだったろうと記憶している













もしかして、私達だけではなく、実はあのとき、似たような会話が日本全国でされていたのかもしれない。これって、もしかして、当時、業界人を悩ましたお決まりのパターンだったのか?

しかし、まさか出ることはないだろうと思っていたが、ホントに出してきやがった。ゲンダイではなかったが・・連中、やっぱりバカだったのだろうか。今思うと、""マスコミバカ説”も、”小雪、個人単位でバーニング(あるいはケイダッシュ)提携説”も、どうやら正しかったらしい。


とうわけで、このニッカンなどの”小雪シフト”により、自説が正しかったことが証明された私は、大満足である(それと、おそらく、この説を最初に唱えたsiro氏も・・・)

参考記事

NIKKAN 小雪主演でハリウッド映画制作へ!
http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-041126-0008.html