読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素直になったゲンダイ

ゲンダイの酒井若菜についての記事


>>野島伸司脚本の『ホーム&アウェイ』など・・・


脚本は野島ではない。君塚良一
そのくらいちゃんと調べろバカ!


>>事務所に入ってからもオーディションに落ちまくり


・・・いったん、業界で、芸能界で認められないという認識をされた人間が、どうして現在、芸能界で活躍できるのか??同じオーディションで合格した女の子は、どこ行ったのだろうか・・とすると、オーディションの意義とは、何なのだろうか?別に、オーディション万能主義を掲げるわけではないが・・・


>>落ちてばかりで仕事がなかったので・・


ここでいう”仕事”とは、グラビアにとびつく以前だから、それ以外のこと、つまり演技のことだろう。酒井は、グラビアに行く前は、純粋に演技の道を目指していたというわけだ。受けたオーディションも、役者関係だろう。それが、採用側に認められず、業界の認識としては、いったんは失格の烙印を押された。



>>グラビアの仕事に飛びつきました・・・・


女優のように、せりふ、表情も必要とされないグラビア仕事に”落ちて”きた・・と。しかし、後に彼女は演技分野で盛り返す、そして・・


>>グラビアで人気がでてからは順調・・・・


ということは、酒井が、グラビアで稼いだ知名度のみが、現在女優としての順調さの原因であり、別に、演技で今までの不調を挽回したから、今の座があるわけではないということになる。


>>(タイトル)酒井若菜 元グラビアアイドルに“女優”を意識させた男の存在・・・・


また、なんともいえぬ皮肉めいた表現・・


演技が認められたということを否定するかのような、今までの文章の流れからみて、男達が、彼女に女優意識を持たせたなどと、字面どおり受け取る人間など一人もいない。何だ、結局、そういうことか・・ははーん。


正規のオーディションには落ちたが、違うオーディションには見事合格しました。


ということか。こういう”憶測”を防ぎたいなら、素直に

彼女の演技に対して、クドカンはじめ、”男達”が高い評価をくだし、彼女は今の座を築くことができました”

と書けばいいものを。
まさか、そこまでウソはつけまい・・と、ちゃんと自覚しているのか?とすると、ゲンダイもずいぶん素直になったものだ。