読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

静御前って結局誰が適役なの?

以前、”桃の天然水”をめぐる、華原と浜崎の芸能界ポジションの奪い合いについて述べたが、全く同じ題材をネタにした投稿を見つけた。

次のレスまで続いている。


これも、前の”TK MUSIC”の時の仲間由紀絵と三人(華原、広末、浜崎)の因縁について引用した投稿と同じく、siro氏の投稿であるが、相変わらず比喩が巧妙で、バータレが絡む芸能界のポジション争いを、スカイ=ハイの”呪い殺し”にたとえている。

気になるのは、加藤あいと広末の関係も、華原と浜崎との関係と全く同じように表現している点である。最近、あのゲンダイなどで、静御前がもともと上戸や加藤あいであったという(プロパガンダくさい)ソースが流れたこともあり、気にかかる内容である。

そのゲンダイのいいたいことなんだが・・

もともと静御前は、上戸や加藤あいがやるはずであった。しかし、そこに、広末が介入してきた。※

年齢的に滝沢の相手に適役であったはずの彼女達が、低視聴率や、裸の画像などでイメージを落とし、そこを、当時好調であった、広末に狙われた格好となった。広末は北野武とともに、武蔵での出演で視聴率を上げた功績もあり、NHKの覚えもめでたい。また、ちょうど元カレで、ジャニーズとの相性のよさを評価されていた時期でもあったので、スネに瑕だらけの彼女達と比べて、広末はかなり有利な立場であった。実績においても、彼女達とは比べ物にならない程豊富である。しかし、広末の妊娠話が持ち上がり、広末はキャスト争いから一歩後退。そして大河のキャストは、本来の路線に戻りつつある・・・と。

つまり、広末の”ごり押し”にあおりを食らった、そして、ドラマの企画のまずさや盗撮など、自分の責任ではない弱みを持った加藤らの、同情票を誘うかのような論評である。そして、人の弱みに付け込んでキャスト争いにシャシャリ出てきた広末も、皮肉なことに自分自身のスネの傷のために、キャスト候補の座を失うこととなった。因果応報、自業自得の広末(まるで平家みたい?)、人の弱みに付け込むような、卑怯なマネはするな広末よ、と皮肉っているニュアンスだ。しかし・・・


これらの動きって、すべて逆じゃあないのか????だって、いままでの加藤や、大河ドラマの役をゲットしてきたバータレたちの典型的な行動って、記事の広末そのまんまなんだもん。説得力ありすぎ!!


ゲンダイはいつも、真実と逆のことしか書かないので、彼らの書いた記事を逆に読めば真実になるため、非常にわかりやすい。普通の人も、私ほど勘ぐらなくとも”なんか逆じゃないのかなあ、これって・・”と、少しはいぶかしがるくらい、あからさま過ぎる。君達、プロパガンダは、もうすこしスマートにやれよ。これじゃバカでもわかっちまうぞ!


ちなみに、siro氏は他にもこのトピで、加藤と広末の関係についての意見を述べている。

ある投稿者が、
芸能人の社会人的なモラルについての見解を述べたことに対してこのように反論している。
これも、その4まで続いている。

他にも、”メディアを操作するバーニングプロ”のトピを探せば、これらの類の投稿は、腐るほどあるだろうとは思う(探すの大変だが・・ロムってれば幾分楽かも)。しかし芸能人というものは、演技とか歌唱力とか、CDセールスとか、仕事では大衆をだましようがないが、私生活だのイメージだのといったものは、いくらでも大衆を欺くことができる。
そこにつけ込むのが、バーニングなどの大手事務所の、いつものやり口なんだろうけど・・

しかし、


別に、欺いたところでどうってなるわけでないじゃないか・・欺いたところで、実際に芸能人の歌や演技がうまくなったり、みながうまくなったと思うわけじゃなし・・・だからそれでセールス伸びるわけじゃなし・・・


とみんなが思えるような世の中に、早くなって欲しいものである( もう、なってんのか?)




※広末が介入してきた・・
広末は、去年の段階で断わっていたという説もある。(週刊文春
しかし、去年といっても、妊娠がわかる前の時点ということだろう
その頃は、当然、ギャラの割には拘束日数の多い
大河ドラマには、興味を満たなかったであろうと思われる。
しかし、妊娠、出産、子育てとなると、
他の長期的な仕事を続々とキャンセルすることになり、
広末のスケジュールが空くことになる。
そうなると、海外ロケのある映画や主演ドラマと違い、肉体的負担の少ない大河は
産休明けの広末には、格好の仕事である。
視聴率も手堅く、復活を印象付けるアピール効果も高い。

こういった理由で、妊娠がわかった以後、広末サイドが
再び大河ドラマに興味を示しはじめた・・という線が
最も考えられる。


このコメントについては、
下記のサイトを参考にさせていただきました
http://d.hatena.ne.jp/tetsuto/20040701#p3