読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バーニング 6

バーニングの焦りは、まだ他にもある

今までバーニング支持のターゲット層(=非バーニング叩きのターゲット層)は、世間の厳しさを知らぬ、まだ”おっぱいチューチュー”の若者や、世間知らずの主婦等であったというのは前にも述べたが、それにも変化がおこっているのだ。

今まで大学不登校アイドル達の叩きに荷担していた、”何かと憤りを覚えるが、それが的外れなことが多い世間知らずの若者”が、卒業を迎える年代となり、社会と接点を持ち始めるようになってきて、精神的に成長してきてしまったのだ。就職活動、あるいはアルバイト獲得などで、数限りない、自分に向けられる淘汰圧を経験して、”自分が蹴落とされるたんびに、蹴落とした相手を恨んでたら、いちいちきりがない”・・ということに、気が付いてしまったのだ。つまり大人となってしまったのだ。

その広末涼子にしても、煽りをくって早稲田を落ちたのはせいぜい一人であるし、その一人の人物も、早稲田がぎりぎりであるからして、他の、たとえば明治、法政に受かっているかも知れず、落ちたからといって、リストラのように次の日から食うに困ったり、住むところを追い出される心配をする必要があるわけでもない。しかも会社上層部の不手際による大量リストラ、急激な技術革新などによる合理化、不況による規模縮小などのように、しかも大量に、一度に、自分もふくむ首が、吹き飛ぶでもなく、せいぜい一人、それが自分であるかは、淘汰された対象の多さによって、間接的つまりかなり薄められていて、それもリストラのように直接的でも無く、ましてや生活がかかっているわけでもなく、ランク落ちの大学入学等、雇用と違っていくらでもセーフティーネットはある。また若者も、世間が、広末の問題とか、こういった、自分の生活を直接脅かす以外の事柄に無関心だということに気が付く。


これを目の当たりにし、オトナは生活で手一杯ということを言い訳にして、こういった、広末問題などの社会問題に対して立ち向かおうとせず、知らん顔を決め込んでいる!などと、とやかく言うやつがいたら、頭がおかしい野郎である。だって、こんなしろもの、立ち向かうべき問題どころか、ホントにたいしたことではないのだから。少なくともオトナの思考回路からはそうふうにしか導けない・・


広末涼子が突然包丁をもって自分の家に押し入り一家惨殺企てるわけでもなし、突然日本上空で核爆発して、自分を含む日本人を一人残らず滅亡さすわけではないからだ。だから、広末涼子などどうでもよく、武器もって、自分を含む家族の命を狙って、一家惨殺するかもしれぬ不法○○人犯罪者、や、核分裂して自分を含む日本人の命を脅かす○○ドンミサイルや発電所、オトナは、これらのことに関心を持ったり憤りを抱いたりしている。

結局、広末涼子の自分に向けられた淘汰圧なぞ、せいぜい早稲田落ちた人間一人・・。その圧力でさえ、自分に向けられたものであるかどうかさえ怪しい・・なきに等しいものであったのだ。当然、個人の集合である、社会に対する影響力も同様、なきに等しい。皆と同じように、直接自分の生活、生命に関わる、直接的、はるかに強力な淘汰圧・・・リストラ、不況。合理化、治安、核ミサイル・・・こういう事にこそ、対策を講じたり、対策の不手際に憤りを覚えるべきだ・・そう思ってしまったのである。

つまり、バーニングのプロパガンダの対象となるはずの若者たちが、真っ当な頭の人間になってしまったというわけである。

残るのは、世間知らずの主婦、あるいは今だに社会に出るのを拒みつづけている、思考が現実と遊離した、モラトリアム人間だけであるが、主婦は別として、そういったバーチャル人間は、当然問題がある人物であることが多く、はっきり言ってキ○○イしかいないといってもよく、彼らの極端な意見に説得力は全く無く、社会と遊離したその極論は世間には響かず、はっきり言って、バーニングの意向がこんな層に響いても逆効果、百害あって一利無しなのだ。

実際は、世間を騙そうとしている”最先端文化人”気取りの、エセインテリ評論家・・というのもいる。勿論書いたようなことを本気でおもったり、憤ったりいるわけではなく、はっきりいって金儲け目当てで、広末不登校についての自分の意見等、自分もよく知らない世俗のトレンドに乗っかって、知ったかぶりのウンチクをなげかけ、だまくらかして無知な連中から印税を巻き上げたいとおもっているだけの連中である。ユダヤ陰謀論とか、そういうことをいろいろ書いている連中と、根は同一である。だがこれも連中がある程度金を手にして撤退してしまえば、後は潮が引くようにブームは消えてしまうだけである。何しろ、いくら頭の切れる評論家、学者先生といえども、魑魅魍魎の、芸能界の複雑なからくりなどに対しては、素人同然なのだ。いずれ時がたてばボロがばれてしまう。”これからは○○の時代だ!”だが時がたっても一向にそうならない。アナクロ、時代遅れの傾向だと散々連中が罵倒した、男性層が主に支持していた広末は相変わらず生き残っている。一方、最先端だと、フェミニズム論者があれほどイチオシしたバータレ連中は消えかかっている。彼らも騙されやすいとうことにかけては、主婦、若者同様なのだ。でも世間に説得力あるというのが、彼らに比べてタチがわるいところであろう。