読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バーニング 4

バーニングは今、役者の分野で、猛烈に焦っている。タレントの視聴率が取れなくなってきている・・こんなことは今にはじまったことではない。実際、企画、脚本に依存することなく、本人のキャラクターだけで数字が取れるというタレントというのは、現在、キムタク等、数えるほどしかいない。どんな巨大な事務所でも、事務所に一人いるかいないか、それでも、いないことのほうが多い。芸能界至上でも、歴史的に見て、そのような人物は裕次郎等、数えるほどしかいない。ましてや、いくら巨大なバーニングとはいえ、そういった人間が複数いるはずがないのだ。
実は、個人で”脚本、企画力がダメでも、キャラクターのみで視聴率を取ることのできる役者”というのは存在しなく、”(脚本、企画力がしっかりしている等の理由で)視聴率を取ることができそうなドラマに出られる役者がいる”というのが正しい。キムタクでさえ、視聴率の取れる企画、脚本、それを今まで選んできたからこそ、あるいは選ぶ政治力が、事務所、本人にあったからこそ、キムタクブランドを確立することが出来たわけで、企画、脚本がマズイドラマでも、キムタクのファン層でカバーできて、視聴率が取れたかというと、そういうわけではない。自分で、視聴率の取れそうな企画を選んできたからこそ、”キムタクのドラマは、視聴率的にハズレ無し・・じゃあ、今回も彼の出演作を見てみよう(作ってみよう)”・・と視聴者、製作者双方に思わせ、いままで、キムタクブランドを確立できていたわけだ。一流ブランド品が、今まで最高の作品を作りつづけていたのに、急に粗悪品を作りだしたら、ブランド力は落ちる、それとおなじことであって、キムタクが出演作に駄作を選んだのなら、キムタクブランドは一挙に崩壊すると思われる。
ところが、バーニング、あるいはオスカーには、それが全くわかっていなかった。視聴率が取れる役者=個人で数字を取れる役者と短絡的に思い込んだ。前に言ったようにこれは大間違いで、=数字を取れるドラマに出続けている役者というのが、正解なんだが(勿論、その役者が良作に出つづけていられるかは、事務所の力といった政治力というより、演技力や、今までの信頼、実績が認められたということの方が大きい)。だから、とにかく傑作に出ないことにはどうしようも無いわけで、いくらタレントをドラマにねじこんだところで、また、CM、ワイドショーで露出を繰り返して、知名度を上げたところで、出演した作品が駄作だったのならば、永久に視聴率が取れる役者というブランドは確立できない。
だから、今までバーニング、オスカーのやっていた、とにかく顔を売って、知名度上げて、マスコミ対策してイメージあげて、視聴者に、そのタレントと目当てでドラマを見てもらおうとして・・・といった方法は、一切無駄だったというわけだ。いくら知名度があっても、肝心のドラマの内容がダメであれば、○○その人どんなドラマ出てた?へえ、それ面白かった?何、つまんない・・・じゃあダメじゃねえか・・・で、終わってしまう。誰もドラマを見ようともしない。売名にさえならないのだ。ギャラをもらったのならばまだ採算が合うが、顔見世と割り切っての、低ギャラのごり押しであれば悲惨だろう。しかし今までバーニングはこういうやり方をやってきたのだ。それがある程度成功していたのは、例え、すぐ消える一発屋連続であろうとも、あとからあとから同じようなのが次々出てきて、すぐ補充できたからである。それでサイクルはうまくまわっていた。だが世間も騙されにくくなってきて、またタレントたちも、自分のそういう売り出され方に疑問をもってくるようになった。双方とも騙されなくなってきたのだ。ファンや製作者にからくりを見透かされ、そのサイクルが立ち行かなくなってきて、バーニングは、いきづまりを見せはじめてきたというのが、現在の状況なのである。