読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ広末涼子の不登校が・・その1

実は、今までは、仕事がなくなってきたり、あるいは安い仕事ばかりになってきた、どうにも限界といった、芸能界でこれから生きていけそうも無い、見込みの無い落ち目アイドルを、いきなりリストラするしかなかった。しかし、”学業に専念”するので云々というと、落ち目で引退ということの、ていのいいカモフラージュとなるのだ。
”学業に専念”と発表する方が、マスコミ的にはカッコイイし、”芸能界で食っていけなくなったから引退したんではないか?”と世間に怪しまれずにすむ。本人も傷つくことは無い。OLなどの別路線と違って、進学は、例えそれが演技や歌と全く関係の無い専攻分野でも、卒業したら芸能活動を再開するニュアンスを、なんとなく世間に匂わせることが出来る。
そうすれば、”進学による活動一時休止は、芸能活動につなげるステップ”とか何とか嘘でごまかして、ファン離れを防ぐことができる。いつかは復帰すると公言し、ファンクラブを閉鎖せずにおけば、いつか卒業して活動再開してくれることを待ち望むファンが、ずっと会員料を払いつづけてくれることも期待できる。元手いらずのおいしい収入だ。そしてもっとも大きな要因は、卒業すれば、一般社会でつぶしがきくので、これから一般社会で生きていく本人、本人に芸能界に見切りをつけさせたい、気持ちよく社会に送り出してあげたい事務所、両者とも助かることだ。

本人も、こんなにブランク空けて平気なのか、私は、卒業したら、芸能界で仕事あるのか・・と不安になるので、今までは、進学に二の足を踏む事が多かった。しかし広末不登校バッシングのこともあり、今では、あっさりと進学に同意する子が多いのだ。そして、学校へ行っていない広末が評判を落としているのを目の当たりにし、自分が、しっかり芸能活動をお休みして、きっちり勉強して、ちゃんと卒業しさえすれば、自分は人気者になれるんだと思い込む。また、業界の人に、中途半端な広末と違って、何事も最後までやりとおす人だというアピール効果で、仕事がバンバンまいこんだり、あるいは、ちゃんと卒業しさえすれば、卒業していない広末を、自分が蹴落とすことが出来る、広末が今座っている、芸能界のトップアイドルの座に、自分が、かわりに座れると思い込んでいる者もいる。

活動再開を待ち望むファンも、ファンクラブ会費を払いながら、”その子が卒業したあかつきには、卒業できなかった広末なんか、とたんに吹き飛ぶ、そして、○○チャンの天下になる!広末、今に見てみろ!”と、彼女の学業専念期間、ファンを離れず、じっと、闘志を燃やしつづけて、ファンクラブ会員費を払いつづける。勿論、その学業タレントの娘も、私が卒業しさえすれば、自分には仕事が舞い込んでくる、広末涼子なんか消えていて(あるいは自分が蹴落して)私の天下になっている・・・と思いつづけて、一生懸命通学する。

だが、数年間もブランクを空けて、演技力も落ちている、また、実績の乏しい、知名度も低くなってしまったタレントを、学校をまじめに通って卒業しているというだけで、がんばりやさんだからとか、イメージがいいからとかいってつかってくれるほど、芸能界は甘い世界ではない。無事卒業しても、ブランクのある、忘れ去られた人間なんかに仕事などあるはずも無く(勿論、最初から、事務所も仕事を取る気などない)、事務所も、”いやー、やっぱり卒業してても、そのメリットよりも、ブランク空けたというデメリットの方が大きかったよ。やっぱり無理だった。でも幸運なことに、君は広末と違って、ちゃんと学校卒業したから、一般社会で就職できるよ。芸能界ダメだったけど、やっぱり学校行っててよかったじゃない!”とかいってだまくらかす。本当は芸能界で仕事とるなんてこれっぽちも考えていなくて、普通に就職させることがネライで進学させたんだが、そんなことは黙っておく。とにかく引退、フェードアウトして、彼女は芸能界から姿を消す。